カナダのバンクーバーで小学生留学

subpage01

バンクーバーは北米有数の国際都市であり、2010(平成22)年に冬季オリンピックが開催されたことで知られています。気候はカナダ国内でもっとも温暖で過ごしやすい都市といわれ、7月や8月の1日の平均最高気温が18度、最低気温が14度で日本のように真夏日になることはめったにありません。
夏休みの小学生留学で、特にバンクーバーはおすすめの街です。

親子留学の特徴を紹介するサイトです。

カナダは昔から国を挙げて積極的に移民を受け容れ、現在でも多国間とのトラブルがなくフレンドリーで親切なひとが多いのも人気の要因です。

バンクーバーは中でも、いろんな国の人たちが暮らす世界でもっとも住みやすい街のひとつに挙げられています。

YOMIURI ONLINEの最新情報を公開しています。

カナダの留学制度は幼児から参加でき、バンクーバーの小学生留学では1クラス20人といった人数の制限枠を設けているところがほとんどなので効率よく学習できます。

同年代の外国の子どもたちと英語の勉強やスポーツ、ゲームをするなど異文化交流により相手の気持ちを理解し相違点を見つけながらコミュニケーションを図っていきますので、とても大きな財産になります。



言葉を学習するということは、文化や民族を理解することにも繋がります。

小さい時から国際感覚を身に付けることは、その後の人生に大きく役立つでしょう。
美しい港や山々に囲まれ、近代的な建物が立ち並ぶ通りや歴史的な街並みがあり自然と人々がほどよく融合したそんなバンクーバーでの小学生留学をおすすめします。

市内だけでなく環境の良い郊外も重ねて検討されてみてください。

いまどきの教育

subpage02

日本教育は英語に力を入れており、英語を話せる人間を増やそうと動いています。しかし、中学生、高校生で英語を話せる人はごく僅かで、英語の文法を理解し、単語暗記量が膨大であっても、長文読解などの英語の問題しか解けるようになりません。...

NEXT

みんなの常識

subpage03

多くの子供たちが小学生の頃から海外留学に踏み切るようになっています。こうした小学生留学が大きな人気を集めている理由とは何でしょうか。...

NEXT

教育をよく学ぶ

subpage04

現在、国際化が進んでいる中、自分の子供を海外に留学させ、海外の文化や学び、そして暮らしを経験させたいと思っている両親も少なくはありません。一般的に留学は高校や大学に入ってからですが、今では低年齢での小学生留学も選択肢の一つになりつつあります。...

NEXT

専門知識

subpage04

小学生留学は、幼い頃から世界に触れることで、国際人としての可能性を大きく伸ばすプログラムです。可愛い子には旅をさせよという言葉もあるとおり、外界との触れ合いこそが、才能を引き出してくれます。...

NEXT